<スポンサードリンク>

JMBローソンPontaカードVISAはSuicaチャージでもポイントが貯まる

JMBローソンPontaカードVISAは、ローソンでの買い物でPontaポイントを積極的に貯めたい人に必須のクレジットカードですが、「Suica」へのチャージ分にもPontaポイントが付きます。

Suicaへのチャージ金額は、1ヶ月のクレジット総額に加算され1,000円(税込)ごとに5ポイントが付与されます。

ちなみに、携帯電話やAndroid(アンドロイド)スマホでの「モバイルSuica」、及びiPhone Apple Payでの「Suicaアプリ」での「モバイルSuica」へのチャージが可能です。
iPhone Apple Payについて詳しくはこちら→

モバイルSuicaの利用手順

1

モバイルSuicaへのサイトへアクセスし、
「モバイルSuicaアプリ」をダウンロードします。

iPhone Apple Pay「モバイルSuica」の場合は、「app store」にて、「Suicaアプリ」をダウンロードします。

2

モバイルSuicaアプリを起動し、
必要な会員情報(名前・電話番号・クレジットカード番号等)を入力してください。

ここで、お持ちの、JMBローソンPontaカードVISAのカード番号を登録します。

3

モバイルSuicaへのチャージは、
アプリを起動し、「入金(チャージ)」を選択します。
チャージ金額を入力してチャージします。

・1回の入金(チャージ)額は、1,000円単位で10,000円まで指定できます。
・入金(チャージ)上限額は、端末内の残額とあわせて20,000円です。

以上、このように簡単に、モバイルSuicaの開始、クレジットカードの登録、チャージは簡単に行えます。

ちなみに、モバイルSuicaの年会費として、1,030円(税込)かかります。

iPhone Apple Pay「モバイルSuica」の場合は、モバイルSuicaの年会費はかかりません。年会費無料です。

モバイルSuicaでできること

タッチ&ゴーで電車
カードタイプのSuica同様に、改札機にタッチすることで改札口を通過できます。

JR東日本区間だけでなく、首都圏の私鉄・地下鉄などをはじめ、全国の相互利用区間で改札機へタッチして乗降できます。
PASMO、Kitaca、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PiTaPa、manaca、はやかけん、nimocaが相互利用となっています。

新幹線もタッチ&ゴー
モバイルSuicaで新幹線のきっぷを購入し、チケット情報を端末にダウンロードすれば、新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)を改札機に端末をタッチするだけで乗車できます。

定期券が買える
通勤定期券、通学定期券(大学・専門学校生相当のみ)、グリーン定期券、新幹線定期券(FREX・FREXパル)をモバイルSuicaで購入可能です。
ネットにつながればどこでも買えますので、窓口へ並ぶ必要がなく便利です。

グリーン券が買える
ネットがつながれば、どこでもモバイルSuicaでグリーン券が購入できます。
乗車前に購入するときの料金と同額の「モバイルグリーン料金」が適用されます。

ネットショピングができます
楽天市場、Amazon、Yahooショッピングをはじめ、Suica決済導入店ならネットショッピングの際に、Suicaでの支払いで買い物ができます。

Suicaで買い物
Suica利用可能店でしたら、Suicaで買い物代金を支払って買い物ができます。

ほぼ全てのコンビニチェーンでSuicaは利用できますし、イオンやイトーヨーカドー等のスーパー、ドンキホーテ、ビックカメラ、飲食店、ドラッグストア、他、利用できます。

また、駅ナカ・駅ビルのお店・Suica対応の自動販売機・コインロッカーでも支払いに利用できます。

Suica利用でポイントが貯まるお店
Suica支払いで買い物ができるお店は多いのですが、Suica利用でSuicaポイントが貯まるお店は、まだ限られています。

Suica利用でSuicaポイントが貯まるお店としては以下です。
200円または100円ごとに1ポイントのSuicaポイントが貯まります。

  • スリーエフ(首都圏の店舗、ローソン・スリーエフを除く)
  • アリオ
  • イトーヨーカドー
  • 紀伊國屋書店(関東・東北・新潟エリアの一部店舗)
  • コナカ(関東・東北エリアの一部店舗)
  • 洋服の青山(関東・山梨エリアの店舗)
  • JR東日本ホテルズ
  • ANA国内線機内販売
  • タイムズ駐車場
  • ヤマト運輸

<スポンサードリンク>