<スポンサードリンク>

JMBローソンPontaカードVISAの入会審査は? (学生・主婦もOK)

JMBローソンPontaカードVISAの入会基準はとてもシンプルで「18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方で、セゾンカードが提携する金融機関に口座をお持ちの方。」となっています。

セゾンカードが提携する金融機関とは、大手都市銀行をはじめ、全国の地方銀行、全国の信用金庫、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行などです。ほとんどの方は、これらの金融機関のいずれかに口座を持っているのではないかと思います。

18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方というかなり大まかな入会基準ですので、つまりは、審査基準としてはそれほど高いハードルを設定しているクレジットカードではないということです。

18歳以上ですから、大学生や専門学校生、大学院生など、18歳を超えていれば学生の方でも申し込みできます。基本的に学生の方は定期的な収入がないということで、親権者(ご両親など)の方が審査対象となります。親権者の方の収入やクレジットカード履歴やローン利用履歴などに問題がないと審査はほぼ通ります。
また、ご本人がアルバイトなどで継続的に収入がある方は、申し込み画面の収入に関する入力で入力するといいです。

専業主婦の方は、基本的に収入がないという前提ですので、配偶者(夫)が審査対象となります。配偶者の方の収入やクレジットカード履歴やローン利用履歴などに問題がないと審査はほぼ通ります。

主婦の方でパート収入がある方は、そのパート収入がある程度の期間(半年以上目安)、安定した継続的な収入であれば、本人審査で通る傾向にあります。

また、正社員でなく、自営業、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員の方も審査が通っています。
こちらも、ある程度の期間(半年以上目安)、安定した継続的な収入であれば、おおむね大丈夫です。

実際、JMBローソンPontaカードVISAを申し込んだ方が審査の可否について口コミするサイトでも、正社員以外の方が審査に通ったという口コミが寄せられています。

ただし、JMBローソンPontaカードVISAに限らず、クレジットカードの入会審査は職業や収入だけで審査の合否を決めている訳ではありません

正社員歴が長くても、収入が多くても、ローン残高が収入と比較して多かったり、過去にクレジットカード利用代金の返済やローン返済に滞納・延滞などがあった方は、審査に通らない場合もあります。

また、短期間に何枚ものクレジットカードに申し込んでいる方も、審査に落ちる場合があります。クレジットカードの申し込み履歴も信用情報機関のデータに登録され、クレジットカード各社はそのデータをチェックできるようになっているのです。

それと、もう一つ、審査への不安がある方は、申し込みページでキャッシング枠の設定を希望しないことで、審査が通りやすくなる可能性は高くなります。

もう一つ、申し込みページでの入力欄で誤字脱字は要注意です。申し込み情報は、まずは機械的に処理されますので、誤字脱字があるとそれだけではじかれてしまう場合もあるそうです。誤字脱字があると信用情報機関のデータに問い合わせてもデータ自体がないということではじかれる場合があるそうですので。

電話番号の入力も間違うと、電話が通じないということで、その時点で審査前にはじかれます。いちいち正しい電話番号を調べてかけてくれるということはありませんので注意をしてくださいね。
<スポンサードリンク>