<スポンサードリンク>

JMBローソンPontaカードVISAは「iD」も使えます

ローソンPonta iDの画像


JMBローソンPontaカードVISAには、「ローソンPonta iD」というサービスがあり、JMBローソンPontaカードVISAをiDに紐付ることで、iDでの支払いにもJMBローソンPontaカードVISAのクレジット支払い時と同じようにPontaポイントが貯まります

「ローソンPonta iD」のはじめ方(紐付け方法)

まずは、お持ちの携帯電話またはスマホがNTTドコモである必要があります。
そして、スマホの場合は、OSがアンドロイドである必要があります。iPhoneでは「iD」は使えません。

2つのアブリをダウンロードして設定
【1】ローソンPonta iDアプリ
これは、「ローソンPonta iD」へJMBローソンPontaカードVISAを紐付け設定するアプリです。

【2】ローソンモバイルPonta
これは、Pontaカードの携帯版で、カードを持ち歩かなくても、ケータイ・スマホでポイント利用や支払いができるアプリです。

↓JMBローソンPontaカードVISAの紐付けと2つのアプリの関係イメージ
ローソンPonta iDとローソンモバイルPontaの画像
ローソンモバイルPonta機能はローソンでのみ有効です。その他のPonta提携店舗でローソンPonta iDを利用になる場合は、「ローソンPontaカード」の提示が必要です。となっています。
つまり、ローソン以外のPontaポイント加盟店では、Pontaカードの提示によって、Pontaポイント会員だということを認識するようです。「ローソンPonta iD」でPontaポイント会員という認識ができてもよさそうなものですがね。

「iD」で支払った時のポイントの付き方

基本的に、JMBローソンPontaカードVISAのクレジットで支払った時とポイントの付き方は同じです。

「iD」はチャージいらずの後払い型電子マネーで、「iD」で支払った買い物代金は、1ヶ月分まとめて、JMBローソンPontaカードVISAの利用代金として請求されるからです。

ローソンでのポイントの付き方
買い物代金「100円ごとに2ポイン」のPontaポイントが付きます。
ポイント還元率は2%です。

ローソン以外のPontaポイント加盟店でのポイントの付き方
買い物代金「100円または200円ごとに1ポイント」のPontaポイントが付きます(加盟店により異なります)。
プラス、1ケ月の「iD」利用総額「1000円ごとに5ポイント」のPontaポイントが付きます。
ポイント還元率は1%〜1.5%です。

ローソン・Pontaポイント加盟店以外での買い物時のポイントの付き方
1ケ月の「iD」利用総額「1000円ごとに5ポイント」のPontaポイントが付きます。
ポイント還元率は0.5%です。

「iD」が使えるお店

コンビニはほぼ使えます
ローソンをはじめ、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマート、スリーエイト、サンコス、生活彩家、スリーエフ(関東地区の店舗のみ)、このように、ほぼ全てのコンビニチェーンで使えます。

普段はローソンを主に使っている方でも、たまに、違うコンビニを使う機会があるということもあります。
例えば、セブンイレブンを利用した時に、「JMBローソンPontaカードVISA」を出して支払いをするのはちょっと気が引けけますが、「iD」なら携帯かスマホをかざすだけですから、そういうこともなく気軽に使えるのがいいです。セブンイレブンでも「JMBローソンPontaカードVISA」へ紐付けされた「iD」でサクっと支払って、Pontaポイントを貯められます。

その他については、こちらの公式ページの「iDが使える主なお店」をご覧ください。

<スポンサードリンク>