<スポンサードリンク>

JMBローソンPontaカードVISAはEdyチャージでもポイントが貯まる

JMBローソンPontaカードVISAは、ローソンでの買い物でPontaポイントを積極的に貯めたい人に必須のクレジットカードですが、電子マネー「楽天Edy」へのチャージ分にもPontaポイントが付きます。

楽天Edyへのチャージ金額は、1ヶ月のクレジット総額に加算され1,000円(税込)ごとに5ポイントが付与されます。

また、携帯やスマホのおサイフケータイの楽天Edyで支払うと200円(税込)ごとに1ポイント貯まる利用ポイントを、Pontaポイントに設定することができます。

ですので、ローソンでおサイフケータイの楽天Edyで1000円の買い物に支払うと仮定して得られるPontaポイントを計算すると
1)事前に、楽天EdyへJMBローソンPontaカードVisaからチャージし、1000円で5Pontaポイントを獲得。

2)支払い時に、JMBローソンPontaカードVisaを提示して、1000円で10Pontaポイントを獲得。

3)支払い時に、楽天Edyで支払って、楽天Edy利用ポイントとして、1000円で5Pontaポイントを獲得。

【合計】1000円で20Pontaポイントを獲得できます。つまりポイント還元率2%でPontaポイントを獲得できます。


ですが、実は、ローソンでの買い物の際に、JMBローソンPontaカードVISAで支払っても、同じくポイント還元率2%でPontaポイントを獲得できます。

ですので、ローソンにおいては、楽天Edyで支払っても、JMBローソンPontaカードVISAで支払っても、獲得できるPontaポイント数は同じということになります。

ローソンのレジでクレジットカードで支払うのはちょっと面倒に感じる、という方は、楽天EdyへJMBローソンPontaカードVISAからチャージしておいて、支払いも楽天Edyを読み取り機に置いて「チャリーン」と簡単支払い、という使い方にするといいです。

また、楽天Edyは、他のコンビニでもほとんど使えますので、普段はコンビニ利用はローソンがほとんどだけど、たまにファミマやセブンイレブンを使うこともあるという場合も、楽天Edyで支払ってPontaポイントを貯めるという使い方もあります。

楽天Edyの支払いで貯まる利用ポイントの選択でPontaポイントを設定できるのは、携帯やスマホで使うおサイフケータイのEdyです。カード型の楽天Edyや楽天カードに搭載されているEdyでは、利用ポイントをPontaポイントに設定できませんのでご注意下さい。おサイフケータイで楽天Edyを利用するには、アプリをダウンロードして設定すれば誰でも使えます。

<スポンサードリンク>