「dカード」はローソンで3%割引き+ポイント2%還元!

dカードのカード画像

「dカード」公式ページへ→
ドコモのクレジットカード「DCMX」がリニューアルして誕生した「dカード」
ポイントも「ドコモポイント」から「dポイント」へ変更されて、ドコモユーザー以外にも解放され、共通ポイントの仕様になりました。

そして、「dポイント加盟店」として、参加表明したのが「ローソン」

ローソンは共通ポイントの一つである「Pontaポイント加盟店」の有力なメンバーでありながら、「dポイント」スタート時から参加し、あろうことか、「Pontaポイント」以上のお得な還元を「dカード」会員に対して付与しているのです。

その内容というのが、ローソンでの買い物時に、「dカード」でお支払いをすると、いつでも、
3%割引き(クレジットカード請求時に割引き)
●カード提示ポイント1%(100円ごとに1ポイント付与)
●クレジット決済ポイント1%(100円ごとに1ポイント付与)

つまり、3%割引き+ポイント1%+ポイント1%=5%還元となるのです。

※クレジット決済ポイント1%は、dカードに付属している電子マネー「iD」で支払ってもOK。

こんなにお得なんですから、ローソンで買い物をする機会が多い人は、「dカード」で支払った方が断然いいです。

これまで、ローソンユーザー必携のクレジットカードとして『JMBローソンPontaカードVISA』が定番でしたが、『JMBローソンPontaカードVISA』は、カード提示ポイント1%+クレジット決済ポイント1%、合計2%還元です。
「dカード」は5%還元ですから、3%もお得ということになります。

それと、「dポイント」は、「dポイント加盟店」であるローソンで1ポイントから利用できますし、「Pontaポイント」へ交換(ただし、ドコモ利用者に限る)することもできます。

「Pontaポイント」交換の人気交換先であるロッピーでの『お試し券』への交換も、同様に「dポイント」も『お試し券』への交換ができるのです。

ちなみに、
家電のノジマでも、3%割引き+ポイント1%+ポイント1%=5%還元
マツモトキヨシでは、ポイント1%+ポイント2%+マツキヨポイント1%=4%還元
(下記で詳しくご説明しています)

「dカード」は、9:00〜18:50に申し込み完了の場合(土日祝含む)、入会審査完了まで最短5分のスピード審査です。
審査完了後、審査結果のメールが届きます。

「dカード」申し込みページへ



「dカード」のカードスペック等の紹介


dカードの年会費は
初年度年会費無料。
次年度からは1250円(税別)ですが、1年に1度でもクレジット利用があれば次年度も無料に。
※携帯電話利用代金お支払い、ETCカードでの利用、電子マネーiDでのショッピングの利用など、とにかく1年に1回クレジット利用すればいいのですから、1年に1回利用というハードルはとてても低いです。

dカードは電子マネー「iD」搭載が搭載されています
iDの画像

「iD」は後払い型の電子マネーですので、利用代金は月々のdカード利用代金として、他のdカードでのショッピング利用代金などと一緒に請求されます。

また、「iD」利用代金分についても、dカード利用に対して付与される「dポイント」が同様に付与されます。

例えば、1000円、2000円の少額決済で、クレジット決済するほどでもないんでけどな〜、という時なんかは、「iD」でサクッとお支払するといいです。

※「iD」はドコモの電子マネーで、ドコモの携帯・スマホユーザーだけがアプリをダウンロードして利用できるのですが、「dカード」には「iD」機能が搭載されているのでドコモユーザーでなくても「iD」が使えます

※「iD」はローソンの他にも、セブンイレブン、ファミリーマートなど、ほぼ全てのコンビニチェーンで支払いに利用できます。スーパー、ガソリンスタンド、飲食店など多数のお店で利用可能となっています。
「iD」が使えるお店(公式ページ)→

dカードはiPhone Apple Pay対応です
dカードとアップルペイ・iDの画像

「dカード」は、iPhone Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードですので、Apple Pay(アップルペイ)への登録ができます。

Apple Pay(アップルペイ)で支払った場合も「iD」の支払いとなります。もちろん、ドコモ以外のiPhoneユーザーも、Apple Pay(アップルペイ)に「dカード」を登録して「iD」を使うことができます。

Apple Pay(アップルペイ)の「iD」利用分にも、dカード利用に対して付与される「dポイント」が付きます

iPhone モバイルSuicaにも登録して使えます
アップルペイとSuica画像
Apple Pay(アップルペイ)は、Suicaも利用可能です。
ですので、iPhoneでも「モバイルSuica」が使えるようになったわけです。

iPhoneの「モバイルSuica」を利用する場合、【Walletアプリ】でも【Suicaアプリ】でも利用可能です。【Suicaアプリ】は「App Store」でダウンロードできます。

従来の「モバイルSuica」に近いサービスを利用できるのは【Suicaアプリ】での「モバイルSuica」利用です。

【Walletアプリ】での利用の場合、Suicaグリーン券やモバイルSuica特急券を購入できません。
Suicaでの交通機関の乗降や、Suicaが使えるお店でのお支払いに使えればいい、という方は【Walletアプリ】でも問題はありません。
●注意点
「dカード」は、申し込み時に、国際プランドをMasterCardVISAのいずれかを選ぶことができます。

しかし、【Walletアプリ】で「モバイルSuica」を利用できるのは、MasterCardブランドの「dカード」だけとなります。
VISAブランドの場合は、【Walletアプリ】に登録できません。「dカード」に限らず、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードでもVISAブランドは【Walletアプリ】に登録できません。

しかし、【Suicaアプリ】の場合は、「dカード」のVISAブランドでも登録できるのはもちろん、Apple Pay(アップルペイ)に対応していないクレジットカードも登録してiPhoneで「モバイルSuica」を利用できます。


「dカード」の国際ブランド

【Walletアプリ】

【Suicaアプリ】

MasterCard

VISA

×


dポイントの付き方
ローソンでの利用時
先にも書きましたが、dカードまたは「iD」で支払うと、3%割引きのうえに、さらに、カード提示ポイントが100円(税抜)ごとに1ポイント付与、クレジット決済ポイントが100円(税込)ごとに1ポイント付与。合計で還元率5%!となります。

マツモトキヨシでの利用時
マツモトキヨシにて、dカードで支払うと、dカード提示ポイントが100円(税込)ごとに1ポイント付与、クレジット決済ポイントが100円(税込)ごとに2ポイント付与。
さらに、マツモトキヨシポイントカード提示で、100円(税抜)ごとにマツキヨポイントが1ポイント付与。
合計で100円ごとに4ポイント付与(還元率4%!)となります。

ノジマでの利用時
ノジマにて、dカードで支払うと、3%割引きのうえに、さらに、カード提示ポイントが3%割引後の金額100円(税込)ごとに1ポイント付与(ノジマモバイル会員に限ります)、クレジット決済ポイントが3%割引後の金額100円(税込)ごとに1ポイント付与。合計で還元率5%!となります。

dカード特約店での利用時
dカードまたは「iD」で支払うと、通常の100円(税込)ごとに1ポイント付与に加えて、dカード特約店特典として100円(税込)ごとに1〜3ポイント付与。つまり、100円(税込)ごとに2〜4ポイント付与。

【dカード特約店】としては、
高島屋、中部電力、紳士服のコナカ、洋服の青山、ガソリンスタンドのENEOS、JTB、JAL、JALパック、伊勢丹、三越、紀伊國屋書店、タワーレコード、ビックエコー他があります。
また、スターバックスカードへのチャージ分も、dカード特約店対象となっていて、100円(税込)ごとに4ポイント付与となっています。スターバックスカードへのチャージでポイントを獲得したい方は、dカードが断然オススメです。

dポイント加盟店での利用時
dカードまたは「iD」で支払うと、通常の100円(税込)ごとに1ポイント付与に加えて、dポイント加盟店特典として100円(税込)ごとに1ポイント付与。つまり、100円(税込)ごとに2ポイント付与。

【dポイント加盟店】としては、
ローソン、マクドナルド、タワーレコード、イオンシネマ、オリックスレンタカー、伊達の牛たん本舗、BLUE SKY、得タクなどがあり、今後増える予定。
ローソンとマクドナルドは、別途、割引きもあり。

【dカード特約店】と【dポイント加盟店】の違いは、
貯まったdポイントが使えるかどうかの違いです。【dポイント加盟店】では、貯まったdポイントを買い物代金の支払いに使うことができます。


dポイントの使い方
●街の【dポイント加盟店】で、「1ポイント=1円相当」として1ポイントから買い物代金の支払いに使えます。

●dポイントクラブのショッピングモールに参加するd払い可能のネットショップでの買い物時に、買い物代金の支払いに使えます。

●dマーケットでの買い物時に、買い物代金の支払いに使えます。

●商品への交換、ギフト券への交換、iDキャッシュバックへの交換、スターバックスカードへのチャージ、JALマイル・Pontaポイントへの交換などができます。

●LINE、Facebook、メールで気軽にギフトを送れる「ギフトコ」でのギフト購入に使えます。1ポイント単位からでOK。

●ドコモの携帯・スマホやオプション品の購入支払いに使えます。

●ドコモユーザーに限りますが、毎月のドコモのケータイご利用料金に充当できます。1ポイント単位からでOK。

●ドコモユーザーに限りますが、「スピードモード」および「1GB追加オプション」にdポイントを利用できます。

●dポイントは寄付に使うこともできます。子供の未来応援基金、BHNテレコム支援協議会、被災地支援募金に寄付できます。

【dポイントを投資で増やせる】
2018年5月16日より、「dポイントクラブ」のアプリやWebから、dポイントを投資に活用できるようになりました。
100ポイントから運用がはじめられます。
自分が投資したいコースを、積極的な「アクティブコース」、安定的な「バランスコース」から選べます。
利用手数料もかかりませんし、口座開設や本人確認書類の提出、マイナンバー登録などの手続きは不要です。
いつでも好きな時に、アプリやWebからdポイントを運用ポイントへ回せますし、運用ポイントを1ポイントからdポイントへ戻せます

運用ですから投資したポイントが増えることもあれば、減ることもありますが、元手がポイントですので気軽に投資を体験してみるというスタンスでやってみるのもいいかもしれません。

ちなみに、ポイントを運用できるサービスは、「セゾンカード」の永久不滅ポイントや。「楽天カード」の楽天スーパーポイントも始めています。

「セゾンカード」は、dポイントと同様にポイントを運用に回して、引き出しはポイントで、というスタイルの投資です。

「楽天カード」は、楽天証券へポイントを移行して、お金として運用し、引き出しはお金で、というスタイルです。こちらは、楽天証券の口座開設が必要です。
以上の他にもポイントの使い方があります。

家族カードの発行について
dカード会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の家族なら発行できます。

年会費は、初年度無料。次年度から400円(税別)ですが、本会員または家族会員どちらか一方にでも、1年に1度でもクレジット利用があれば次年度も無料に。

ポイント付与や割引きなど、本会員と同じサービスが受けられます。

ETCカードの発行について
本会員および家族会員につき各1枚のみ発行可能です。

年会費は、初年度無料。次年度から500円(税別)ですが、1年に1度でもETCカード利用があれば次年度も無料に。

dカードの入会て審査について
・個人名義であること(法人名義ではお申込みできません)
・満18歳以上であること(ただし、高校生を除きます。また、未成年者は親権者の同意が必要です。)
・ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
・その他当社が定める条件を満たすこと

以上が、dカードの入会基準として示されています。
つまり、入会審査のバードルはあまり高くないということです。
無収入の場合はもちろん審査に通りませんが、過去にクレジットカードなどで支払いの延滞・滞納などをしていなければ、パート・アルバイトの方でも、一定の収入を継続的に得ていれば大丈夫ではないかと思います。
学生の方は親権者の方が審査対象ですし、主婦(夫)の方は配偶者の方が審査対象ですので、その審査対象の方が一定の収入を継続的に得ていれば大丈夫です。

国際カードブランドについて
dカードは入会の際に、国際カードブランドとして「VISA」か「MasterCard」のどちらかを選べます。
「VISA」も「MasterCard」も、国内・海外で幅広く普及しているカードブランドですので、どちらをお選びになっても良いかと思います。

dカード新規入会キャンペーン
1.2018年6月30日までに新規入会された方へ、もれなく、iDキャッシュバック1000円分をプレゼント

2.毎月のドコモの利用料金をdカード腹巣にすると、iDキャッシュバック1000円分をプレゼント

3.入会後エントリーし、かつ入会の翌月末までに合計2万円以上dカードを使うと、iDキャッシュバック4000円分をプレゼント

4.上記2の条件を満たしつつ、入会翌月末時点で「こえたらリボ」と「キャッシングリボ利用枠」を設定で、iDキャッシュバック3000円分をプレゼント

dカードの作り方 申し込み方法と流れ

「dカード」の申し込みは、インターネットから24時間いつでも申し込みできます。もちろん、スマートフォンからの申し込みにも対応しています。
発行までの時間は、申し込み完了後5日程度でお届けとなっています。ですが、申し込み数が多くなっているので多少時間がかかる場合もあります。

申し込みから発行まで


ステップ1

こちらの「dカード」公式申し込みページへアクセスし、申し込みます。
もちろん、PC、スマホ、タブレットどの端末からでもOKです。

ステップ2

dカード申し込みの前に『dアカウント』の発行手続きをします(無料です)。
『dアカウント』発行後、dカードの申し込み手続きをはます。

ステップ3

必要事項を入力して、dカードの申し込み手続きをすすめていきます。
dカード利用代金の引き落とし口座の設定もありますから、銀行口座番号が分かる通帳かキャッシュカードを用意しておくといいです。

ステップ4

申し込み内容に基づいて審査が行われ、審査結果のメールが届きます。
9:00〜18:50に申し込み完了の場合(土日祝含む)、入会審査完了まで最短5分のスピード審査です。

ステップ5

審査完了後、審査に通った方には「入会お手続き完了のご案内メール」が届きます。
そのメールの配信後、dカードが発送されます。

ステップ6

「dカード」が届いたらすぐに使えます
カードの裏面に自筆でサインをするのを忘れないようにしましょう。サインは漢字でもローマ字でもカタカナでもひらがなでもかまいません。

「dカード」申し込みページへ